フィーバーフューの摂取

フィーバーフューのハーブティーなど摂取方法について。

フィーバーフューの摂り方

フィーバーフューの摂り方としては、一番オーソドックスなハーブティーという方法があります。
病気に対処するということであれば、インフュージョン(浸出)やデコクション(煎出)という方法を取るのがよいでしょう。

フィーバーフューの葉を食べる

日本では食品として扱われている為、薬のように摂取方法が決まっていないのですが、ハーブティーとして飲用する場合はスプーン1,2杯のハーブに少しお湯を注いで蒸らしてからさらにお湯を注いでください、香りの立ち方が変わります。

食中、食後にお茶として飲むのが良いでしょう。

フィーバーフューの葉っぱは強烈な苦味があって、そのまま食べにくいですが、欧米ではパンに葉を一枚挟んで食べる人もいるようです。

効能が強いので妊娠中の方は食べないようにしましょう。抗凝固薬を服用している人もダメです。

頭痛になる前に予防的見地として摂取する場合は、頭痛の予防についてのページをご覧下さい。

家庭園芸でフィーバーフューを栽培してみましょう。

フィーバーフューは園芸の世界では旧学名のマトリカリアの名で販売されています。カモミールやマーガレットに似た小さな白い花が咲きます。

熱が出た時や偏頭痛の時の為にプランターでフィーバーフューを育ててみませんか?頭痛になった時にお手軽に葉を1枚ちぎって食べて対処出来れば素敵ですよね。

適温は15度〜25度なので室内で栽培するのがちょうど良いでしょう。種まきは3月から4月、若しくは9月から10月。6月から7月にかけて花が咲きます。

高温多湿に弱いので日当たりが良く風通しの良いところで育ててください。花がらをこまめに摘んであげましょう。水のやり過ぎにも注意してください。

フィーバーフューのふやし方

簡単にタネからふやせます。本来多年草で毎年花を咲かせる性質ですが、高温多湿に弱いので、開花後に出来る種を採取しておきましょう。種は非常に小さくてこぼれやすいので、花茎ごと切り取って採取します。

・本サイトを利用する場合は、「フィーバーフュー.com」のトップページにある、注意事項をよく読んでご利用下さい。

ナツシロギク畑

Copyright© 「フィーバーフュー.com 偏頭痛とさよなら」 All rights reserved.