頭痛の予防について

日常の生活を改善して頭痛を予防出来ます。

片頭痛の発生

まず、偏頭痛の発生プロセスを簡単に説明しておかなければなりませんね。

脳内には血管がたくさんある訳ですが、血管の周辺には痛みを感じる神経が縦横無尽に走っています。多くの血管性頭痛はこの網のような動脈血管が拡張する時に、周囲の神経を刺激することによって頭痛が発生するのです。

片頭痛のメカニズム

片頭痛の発生の原因になる物質にニコチンによく似たセロトニンと言うホルモンの一種があるのですが、これは血小板の中に存在しています。

興奮した時にはドーパミンやアドレナリンが分泌されるのと同様に、セロトニンはストレスによって分泌、増加します。このセロトニンに血管を収縮させる作用があるのです。

そして脳内の血流を悪くすると、片頭痛の前兆に良くある目がキラキラしたり視野が狭くなる等の発作があります。

セロトニンは時間と共に分解され、収縮していた血管が元の状態に戻ろうとします。この時、血管の周辺の神経を刺激するために片頭痛が起こるのです。

セロトニンを上手にコントロールしましょう。

頭痛でお悩みの方は、出来るだけ規則正しい生活を心がけましょう。睡眠不足などのストレスは大きな原因となります。

牛乳に多く含まれるトリプトファンと言うアミノ酸はセロトニンを生成する原因物質ですので、過度に飲むとセロトニンを生成しやすい体質になります。

赤ワインやチョコレート、チーズ等も誘因になる物質を多く含みますが、食品由来の片頭痛ではないケースもあります。

コーヒーに含まれるカフェインには血管を収縮させる働きがあるので、軽い片頭痛ならカフェインを多く含む飲み物を飲むのも良いかも知れませんね。

フィーバーフューを摂ろう

頭痛に効くハーブとしてフィーバーフューが人気があります。

日常生活の改善は仕事のストレスや睡眠不足など、どうしても仕方がない事があるため限界があると思います。そう言う方のためにフィーバーフューを日常的に摂ることによって、頭痛を防げる訳です。

頭痛になってから頭痛薬を服用するのは副作用の問題もありますので、最後の手段として残しておいた方が良いでしょう。

頭痛の予防や改善

偏頭痛は寝過ぎても睡眠不足でも起きやすいので、睡眠時間を適切にコントロールすることは、予防的見地でも重要です。

予防のために鎮痛薬を服用することは、薬が効かなくなりやすいのと副作用の事もありますので、避けた方が良いでしょう。

中程度の頭痛が起きてしまった場合はエルゴタミン配合剤や無水カフェインなどの薬が良いでしょう。

激しい頭痛の場合は特効薬のトリプタン系の製剤を服用して下さい。これはセロトニン受容体に直接作用して拡張した血管を収縮させて頭痛を和らげるものです。

・本サイトを利用する場合は、「フィーバーフュー.com」のトップページにある、注意事項をよく読んでご利用下さい。

ナツシロギク畑

Copyright© 「フィーバーフュー.com 偏頭痛とさよなら」 All rights reserved.